日常・子育て・雑記

子連れじゃないだけで身軽!アラサー既婚女の自由きままなふたり旅(後編)

友人との旅行日記、後編です。

夢の国から、変なホテルへ

ディズニーシーを閉園時間まで堪能し、宿泊先のホテルへ。

今回宿泊先に選んだのは「変なホテル

なぜここを選んだかというと、純粋に面白そうだからですw

それに、シーからタクシーで4分という好条件。

タクシー代は1,000円ぽっきりでした。(80円ハミでたけどおまけしてくれた♡)

 

エントランス

ガオォォォみたいな音声とともに、恐竜がお出迎え(笑)

音がちょっと大きくて、ビクッ!っとなりました。

よく見たら、魚も機械やんw

 

フロント

近づくと「いらっしゃいませ」って恐竜が喋った!

なんかシュール(笑)

そしてほんとに人間のスタッフがいません。

タブレットに名前とか住所とかを書いてチェックイン!

書いたら真ん中の機械から、部屋番号を書いた紙とカードキーが出てきた。

ロビーにはお掃除ロボットが2台ありました。

夜中に掃除がんばったのか、翌朝ホームに戻れてなかったので、運んであげました。

 

客室

部屋に入ると、タマゴみたいな機械が突然喋り出した。

「いらっしゃいませ。」なんたらかんたらw

ホテルの案内と機能の使い方を説明してくれた気がします。

 

参考:http://www.h-n-h.jp/maihama/rooms/

ちなみにこのタマゴ、夜中もずっと目玉部分が光っていました。

寝るとき後ろ向けたら、はずみでケーブル取れたらしく、しばらくしていきなり警告音が鳴り出してとてもこわかったです。

 

お風呂とトイレは別。お風呂は普通にマンション用みたいなやつでした。

歩きまくって疲れた足を伸ばせる(:_;)

冬やし寒いし、これは子連れにも優しい!!

 

泊まってみた感想

宿泊費もお手頃で全然期待してなかったけど、びっくりすることが多く、いい意味で期待を裏切られました

タクシーで4分(1000円)も、私の中でポイント高い(笑)

ここ、絶対子ども喜ぶな♡

 

現実へ戻る準備

翌日、朝食とったくらいからだんだん寂しくなってきました(笑)

 

非日常から現実へ。

 

空港に行く前に寄る場所の打ち合わせをしてなくて(ディズニーで頭がいっぱいやったw)、思い付きでスカイツリーに行くことに。

 

変なホテルの最寄りのバス停から舞浜駅まで向かいます。

ちょうど朝の通勤ラッシュ?なんかよく分からんけど、駅に人が多すぎて唖然・・・。

改札通ってホームに行きたいのに、人の流れが途切れんくて階段まで行けません(笑)

 

何回か挑戦したけどタイミングが難しくて諦めかけたところ、駅員さんが人の流れを遮って通してくれました。

一部始終を見られていて、「え、もうこれ渡れんやん?」「待つ?」「どっから行ったらいいと?」みたいな会話を聞かれていました。

 

 

スカイツリー到着

 

ツリーかわいいー♡

私が住むところでは考えられない風景です。建物多すぎ。

東京の景色を堪能し、ソラカラちゃんたちのショーを見て、ソラマチへ。

 

前日歩きすぎて、やっぱキツイ(笑)

けど二人とも、自分のことだけ考えればいいので、がんばれます。

 

とりあえず、福岡ではまだまだ並ぶキルフェボンが空いていた♡

季節のフルーツタルトと甘酸っぱいリンゴのタルト

 

美味しいタルトで満たされました。

後半まとめ

他にも行きたいところはあったけど、前日に体力使い果たしたため、そのまま空港へ。

最後とかほぼ無言でしたが、気心しれた友達となので気楽。

空港で働く人を観ながら、椅子に座って二人ともウトウト。

 

N.Y.キャラメルサンドも買えたし、満足♡

(取扱店舗:大丸東京店、羽田空港売店

 

帰りの飛行機は離陸前から着陸まで、ひたすら寝ました。

 

東京に置いてきたもの

実は今回の旅行で、数日心にポッカリ穴が空いてました

レギオンさんの授業でも、「機械と喋っているみたい」といわれたくらいw

夢の国から一気に現実に戻って、心がついて行ってなかった(笑)

 

子どもがぐずっても何しても、怒るという感情すら湧きあがらず「はいはい(ふぅ~)」みたいな感じ(笑)

東京に色んな感情を置いてきました(笑)

 

同時に、今の数量に対する免疫もついたみたいで、何かちょっとだけたくましくなった気がしました。

 

 

たった2日でしたが、現実から離れ、普段とは全然違うことして過ごして、心の休息が出来ました。

 

そして、もう少し気楽にやろう!と思考も変わった、今回の旅行でした♡