▼▼ 楽天愛用品をまとめています ▼▼

お金・節約

リナ流 お金の貯め方

貯金大好きリナですw

しかし、ケチではない。←自分でいうw

独身のときに貯めた自覚はあったけど、友達からは給料が多いとしか思われてなかった。
(むしろ低いほうやった)

多分それは、節約はコソコソして、旅行や大きい支出も楽しみながら人にはそれなりに使ってきたからだと思う。

人前では節約のことは考えない。

人に使うと最終的に自分に返ってくる。

普段も、必要なものには惜しまない。

不必要なものはタダでも不要の精神。

目標を明確にする

ただ貯金するだけじゃ楽しくない。

何に使いたいのか目標が大事。

私は旅行が好きだったので目的は基本的に旅行代やった。

まとまったお金は自分の選択肢を増やしてくれる。

お金がなくて何かを断念することにならないように、目的がなくても貯金は大事。

費用対効果考える

節約したいから遠くても安いお店に行く→時間と交通費の無駄

私の一番好きな言葉「時は金なり」自分の時間はただじゃない。

身の回り・生活を整える

身の回りは常にシンプル。

日頃から生活を整えることを意識すると、本当に必要な物が分かる。

無駄なものをおかない・しないことで、自然とお金は貯まる。

先取り貯金をする

余ったら貯金しよう!では一生貯まらない。

目標金額から算出した金額を給料日に別口座へ自動振替できるように手続きをしておくと、ないものとして扱われます。

これが貯金のスピードを加速させるポイント。

全てにおいて一括払い(住宅ローン以外)

一括で買えないものは買わない。

 

リアルな支出例

こういうのみんな大好きだと思うのでw
※ちなみに田舎暮らしです。

手取り16万の支出例(独身・実家暮らし)

  • 貯金7万、親に3万をまず先取り
  • 携帯代3000円(ガラケーの時代)
  • ガソリン代3000円
  • 残り自由なお金5万(服・化粧品・エステ・脱毛・食事代など)

毎月7万って結構大きいのに、年間にすると84万。。。

上記の場合は、毎月5万の中でやりくり。
実家暮らしがデカいと思われる。ボーナスはないものとして全額貯金。

貯金してもパーっと使うのがリナ流。

使ったらまた貯める。貯めるのがストレスになったらダメ!貯めたら使う。

不思議なことに自然と貯まるし貯め体質になる。

つかうところで惜しまずパーッと使うところが貧相に見えんようにするカギ。

独身の時の貯金が、結婚してからの余裕につながった。

これほんと。

 

夫婦合計手取り約40万の支出例(既婚・持ち家(住宅ローンあり)

年払いのものは月換算した金額を記載。

貯蓄系は青文字です。

少しでも全国の主婦の参考になればなーと思って書いてます(笑)

ちなみに田舎なので給与も生活費も低めかも。

毎月必ず発生する支出 備 考
貯金 110,000
住宅ローン 95,000 ボーナス払いナシ
水道代 2,000
プロバイダ 5,100 OCN
携帯代 3,300 OCNモバイルONE
夫のDoCoMo
自動車保険 10,530 普通車・軽自動車
定期保険 29,000 貯蓄目的
定期保険 15,000 貯蓄目的
がん保険 3,170 夫婦合計
医療保険 3,410 貯蓄目的
死亡保障 3,070
個人年金 19,150 夫婦合計
貯蓄目的
医療保険 1,860
学資保険 8,300 貯蓄目的
保育料 40,000
ガソリン 15,000
食費 30,000
ここまでの合計 393,890

やば(笑)www打ちながら気付いた。

夫の小遣いとか消耗品に行きついてないのに、足りんw

私の給与が時給計算やけん、月々の所得が変動する。

これみたら、毎月貯金しつつも崩しながら生活しているのが分かります。

太陽光の収入が月平均で28,000円ほど。

最初にガツンと貯金用の口座に振り替えられるようにするのがポイント。

保険での貯金がやたら多いのは、節税(というほど所得はないw)と強制力が目的。

保険は貯金さえあれば高額医療で何とかなると思っている。

夫のお小遣いは半年に1回支給。←少ないけど飲み会代とかは別。

いっぺんに渡した方が夫の選択肢が広がる(笑)