日常・子育て・雑記

私が服を半分に減らせたワケ【クローゼットは5色】

こんにちは、リナです。

過去に、ブログでも何度か書いたことがあったけど、私はどちらかというとミニマリスト寄りです。

この数年で、持ち物も思考もますますシンプルになってきました。

最後まで私の課題だったクローゼット

家具も備品も、最小限の我が家。

必ず消費する洗剤やティッシュ類のストックは多め)

基本的に、DMや資源ごみもため込みません。

ゴミ袋がスカスカだったら、家じゅうをウロウロして捨てれるものがないかを探す私。

 

そんな私がなかなか手を付けることができなかった場所がありました。

 

それは、

クローゼット!!!

 

まじめな仕事着・ちょっとカジュアルな仕事着・ちょっとキレイ目な服・動きやすい服・農作業用・ルームウェア・冠婚葬祭・・・などなど。

唯一、なかなか断捨離が進まない課題の場所でもありました。

 

リナ
リナ
1着買っては1着減らし・・・などの基本的なことはするため、洋服もほかの人に比べたら少ないほうかな?

こよなく家を愛する私は、油断するとルームウェアが増えがち。

 

そんな私ですが、ついに!!!

長年の課題だったクローゼットの服を半分に減らすことに成功しました。

私がクローゼットの服を半分に減らせたワケ

双子による的確なアドバイス

まず第一に、双子による的確なアドバイスのおかげ。

「ちょっとどうかな~」と客観的な視点が欲しいときに、双子に連絡します。

リナ
リナ
  • 今の職場にスカートを履いていきたくないけど、私はスカートが好き!
  • 転職したら、やっぱりもっときちんとした服がいるかも?
  • あんまりカジュアルすぎるコートは着ないけど、今年から見回りあるし、どしよ・・・
  • メンテナンスが面倒だけど、気に入って着てる

こんな感じで、断捨離コンサル(有料)レベルw

 

双子は、的確でしかも押し付けないアドバイスをサクッとくれるから、

「やっぱり残しておこう!」とか「うん、いらんなw」という判断ができます。

 

好きを突き詰めて、選択肢を減らした

油断すると、増える服。

服は、DMや段ボール・空き缶のような明らかなゴミとは違い、意識しないと増えていく一方です。

色褪せたら捨てよう、あと1回来たら捨てようとは思っても、私の場合は「もう1回、もう1回」となりがちです。

 

上がコレなら下はコレ、

この柄にこの柄は合わない・・・など、コーディネートはパターン無限大!(笑)

 

そこで、自分の好きを突き詰めてみたら、気が付いた。

私はワンピースが好き!

 

何にも考えず、1着でカジュアルにもフォーマルにもなるワンピが好きだということに気がつきました。(コーディネートを悩む時間がもったいない)

 

服を買いに行くにしてもワンピース一直線になるため、服選びの時間も短縮になります。

(運動会などは、カジュアルワンピ×デニムで事足りる)

色を絞る(冒険しない)

図書館で借りた、クローゼットは3色でいい [ 杉山 律子 ]という本。

センスのいいおしゃれな人から見たら、3色というと味気ない気もするかもですが、私にはしっくり。

油断すると増えがちな服に、色まで加わるともう大変。

この本では、ベースカラーである以下の7色の中から決めます。

  • ネイビー
  • グレー
  • ベージュ
  • カーキ
  • トープ

まずは誰にでも似合う黒かネイビーの似合う方どちらか、そして残りの中から1色を選びます。

私はとりあえずこのように基準を決めました。

  • ネイビー
  • グレー
  • ベージュ

いきなり減らすのも抵抗があるので、まずはこの5色で。

これを決めると、色に悩む時間が激減

 

色のセンスって、ほんと才能と思う。

赤にも色んな赤があるし、もうほんとに難しい。

おしゃれな人とかモデルさんとか素敵だなと思うけど、私にはとても真似できない。

 

もちろん、この5色以外の色でもお気に入りは残してます。

 

32歳、身の丈を知る。

そして、服がシンプルだとアクセサリーが映える。

 

「ベーシック」が今の私にはしっくり。