結婚生活約7年の私が感じる【結婚】のデメリット

なんかやや重たいタイトルになってしまった(笑)

これから書くことは、当時24歳の脳内お花畑だった私へ。

 

私は現在31歳。

24歳で結婚し、6歳と4歳の子どもがいる、どこにでもいそうな主婦です。

 

多分このブログの読者層は主婦の方が多いと思うけど・・・

これから結婚を考えている方には、夢をぶち壊すようで申し訳ありません。と、先に謝っておきますm(__)m

もちろん結婚してよかったこともたくさんあります♡

 

そもそも結婚を【しない】という選択肢がなかった

当時の私は、結婚は「するもの」だと思っていた。

何となく結婚がゴールみたいな。

これにはほんと賛否両論あると思うけど、とりあえず今の私が思うのは、

【する幸せ】・【しない幸せ】

この2つについて、もっと真剣に考えるべきやったし、この2つの他に【パートナー】という選択肢も入れておくべきやった。

そんなこと言っても、当時の私が分かるわけないけど(笑)

※ここでいう【パートナー】=内縁関係(事実婚)

 

今から書く、約7年の結婚生活で感じた内容は「デメリット」ですが、言いかえればその逆の「メリット」もあります。

もしよかったら逆も考えながら読んでみてください♡



私が感じる【結婚】のデメリット

  1. あらゆることが自分だけの問題で済ませなくなる
  2. 親戚づきあい(もはや誰が分からない人の法事等)
  3. 生活にお金がかかる
  4. なぜか私服で異性と2人で歩きづらい

 

1.あらゆることが自分だけの問題で済ませなくなる

今回私が言いたいのは、結婚をすることで世間の目というか、自分だけの問題じゃ済ませなくなったこと。

  • 〇〇さんの奥さん
  • 〇〇ちゃんのお母さん
  • 〇〇さんちの嫁さん

結婚することにより、一気に余計な肩書が増えた。

入籍したその日から、「身内」という存在が突然になる。

今まで迷惑をかけるのが自分の親族だけでよかったのが、相手の親族も芋づる式に絡む。

 

例えば、私がなにかをやらかしてしまうとする。

そうすると、必然的にそれで迷惑を被る人が、結婚すると増えているということ。

 

2.親戚づきあい(もはや誰が分からない人の法事等)

これ、うちはまだ少ないほうだと思う。

冠婚葬祭、きちんとせなんときはせなん。

でも正直、会ったことのない夫のおばあちゃんのなんとか・・・とか言われても、全く気持ちは入らん。

故人をなんとか・・・とかみたいなのも大事かもしれんけど・・・思い入れはなし。

これは私の性格的な問題やろーけど、とにかくよくわからん行事で集まるとかが苦手です。

 

3.生活にお金がかかる

これは結婚しててもしてなくても一緒。

生きていくにはお金がかかる。

でも、結婚というイベントがあったら、住宅購入とかいろいろあるわけで。

保険だのなんだの、独身だったらそこまで意識しなくていい内容があるのも確か。

 

子どもが生まれたら、無責任なことはますますできない。

仕事を辞めたくても、支払い大丈夫かな・・?とかをまず考えます。

 

31歳の私が24歳の私に、全力でやめろ!ということ

▼無計画な住宅購入

いや、無計画ではなかったけど・・・

  • 一生働く前提で組んだ住宅ローン。
  • 一生そこに住むと決めた覚悟。

 

足枷・・!(笑)

そして災害が増えてきて思った。

もし家がつぶれたら、まず建て直せん。

持ち家の良さ・賃貸の良さ、私はどっちも経験した。

それでも、「何かあったときに」身軽に動けるのは賃貸だと思う。

 

4.なぜか私服で異性と2人で歩きづらい

歩きますけどね(笑)

私はよく元上司や地元の仲のいい男友達(幼馴染み)とも2人で飲みに行くので、これに関してはそこまで抵抗ないけど・・・

この関係性を知らない知り合いにみられるのはなんか嫌。

特に「想像力豊かでおしゃべり」な人には、見られたくない。

 



まとめ

今の私なら、間違いなく【事実婚】という形を選ぶかな。

相続以外に関しては、事実婚にデメリットがあるとは思いません。

むしろ「戸籍」でつながっていないほうが、相手のことを大事にできる気さえする。

 

今から結婚しようとしている女友達には【パートナー】という選択肢を一応出してみる。

決めた人からしたら「余計な一言」に過ぎないので、あくまでもサラッと。

 

それでも私はずいぶん自由にさせてもらっているから感謝w

何をもって幸せと感じるかは人それぞれ。








おむつがいつでも15%OFF!配送料無料で日時指定も可能 『 Amazonファミリー 』

私が使っているチャートはコレ! 『 GMOクリック証券 』