FX

【FXの証拠金】共働きの主婦がFXのために準備したお金は500万円【最低100万は必要】

レバレッジがきくFXは、低額でも始められる気軽な投資と宣伝されがちです。

私自身もFXを始めた当時は「気軽に10万円」からスタートしました。

リナ
リナ
ろくに勉強もしなかった代償(適当トレード)で、数十万円あっという間に消えてなくなりましたw

トレードで必要な金額は人それぞれですが、私がリアルトレードに進むまでに準備した証拠金の金額と内容をご紹介します。

【期間を決める】証拠金のためだけの貯金

毎月積み立て分を充てる【132万円】

1年間と期間を決めて、証拠金のためだけの貯金をしました。

急な出費で減ったりはしましたが、とにかく毎月必ず10万円を【専用口座】へ移します。

昨年は、夫婦ともに少しだけ昇給したため、昇給後は1万追加の11万。

リナ
リナ
昇給しても、絶対に生活水準を上げない!

資金に余裕が出来てからのプチ贅沢でも遅くありません。

(とかいいつつ、やっぱり好き勝手使ってるかも(笑)

我が家のお財布事情を全く知らない夫に感謝!w

→月11万×12か月=132万

ボーナスは基本的に貯金【80万円】

かなりラッキーなことに、昨年は会社の業績がよく、中小企業の割りにボーナスが多かったので、保険・車検の支払いに回しつつ、残りを証拠金の貯金へ回しました。

普段のボーナスからしたら雲泥の差。

リナ
リナ
業績悪いときは3万とかやったw(泣)

タイミング的に、リアルトレードがんばれ!って会社が私に言ってくれてるのかと思った(笑)

→80万

独身時代の貯金をまわす【240万円】

私の独身時代は実家暮らしでした。

割と自由気ままにお金は使っていましたが、結婚して自分が困らないように!と思って貯めれるときに貯めたお金がありました。

リナ
リナ
何をするにでも、お金は必要。

「お金がなくて諦める」という選択をしなくていいように、ある程度の貯蓄は必要です。

このお金は、本当に困ったときに手を付けようと思ったけど、今のところ普通にご飯たべて光熱費払えるので問題なし。

FXで増やしてお返ししますと、自分から独身貯金の一部を拝借しました。

→240万

亡き祖父からのお小遣い【50万円】

中学生の時に祖父が亡くなって、形見分け?として祖母がくれたお金。

中学生にこんな大金は必要ないので、今の今まで定期預金に預けていました。

これも本当に困ったときに手を付けようと思ったお金でした。

→50万

勝つ見込みがつくまでは、リアルトレードをしない

FXに対してなんの力もないうちにリアルトレードをするのはギャンブルと一緒!です。

※ちなみに私はギャンブルのドキドキ感は好き(笑)w

でも、本気でFXで生活したいと思うなら、まずリアルトレードは一旦辞めましょう。

実際のお金で痛みを味わって体で覚えるという人もいるのかもしれませんが、なんの基礎もないうちはただのムダ金です。

私はリアルトレードを辞めてから、ようやく毎回のトレードをデモ口座で冷静に振り返ることが出来ました。

リナ
リナ
リアル口座でトレードをしていた時は、何が悪かったのか?とか考えるより、損をしたことにイライラしたり、次にその分取り返そうと思ったりと、正しい判断が全く出来ませんでした!

リアルトレードは【500万円】からスタート

ということで、過去の私に頼った部分が大半を占めるけど、1年で100万円準備しました。

前の私なら、100万あったら十分!!という感じでしたが、資金があればあるほど、自分のトレードスキルに合わせて数量が調整しやすい。らしいですw

レギオンさん談)

まだ10万通貨とか扱える心の器じゃないけど、仮に2万通貨で損切り20pips(約4000円)として、資金に対する損失は0.08%

色々な書籍やネットの情報からすると投資資金の2%以内の損切りが望ましく、最悪でも5%以内だそうです。

なので、リアルトレードに進んだ現在、損切りが続いても心は揺さぶられません。

とりあえず【期間を決めてコツコツ貯める】ことが大事。

将来のリアルトレードに向けて、毎月少しずつ証拠金の準備もしましょう。