FX

FXに本気で取り組み始めることを周囲に承諾・協力してもらった方法

FXを始めるにあたって、一つ屋根の下で暮らしている家族の存在は無視できない。

知らない人からみたら「コワいもの」にしか見えないFX。

本気で取り組むには、家族の応援と協力必要不可欠です。

私がFXの勉強を始めたときの状況

私が本気でFXの勉強を始めたのは、29歳5ヵ月

当時、子どもは4歳2月の女の子2歳2月の男の子

9時から17時までの正社員です。

 

FXの勉強を始めたとき、まずひたすらチャートを見まくっていました

少しでも空いた時間があったら、チャートを見たり、ブログを読んだり。

 

傍から見たら「異常な母親」

 

ネット上で関わった人から、子どもが大きくなってからでもいいのでは?と言われたこともある。

(FXよりも大事にすべきことがあるんじゃない?的な)

 

周りから何と言われようと、私は「親・夫・子ども」の理解があればそれでいい。

周囲へどのように伝えたか

自分の親

もともと父がFXをしてたおかげで、両親の理解度は100%!(笑)←ハードル低w

なんなら「いい師匠と出会えたね」と言ってくれるくらい。

 

実家に帰ったときは、私がFXのことに没頭できるように両親が子守りもしてくれる。

その代わり、稼げるようになったら、今までのお礼を沢山することを誓う。

 

一番は母にパート辞めてもらって、お友達とランチとか楽しんでほしいw

稼いだら母に多めのお小遣いを支給予定w

 

実家のお風呂とキッチンを改修したいw

隣の家(昔住んでた家)を全部ぶっ壊して平家建てたい・・・など(笑)

協力しないと言わないわけがない。

 

そもそもお金に興味がない(笑)

今が幸せなら充分タイプの夫。

私がどうやって稼ごうか、何かしたいといっても反応が薄い

FX頑張りたいというと、「100万なくなったらやめてね~」とのこと。

 

世のFXを始める奥さまがたのご主人も、このタイプが多いのではないでしょうか(笑)

 

私は何度も「どうしてそんなにお金がいると?今も困ってないやん。」と言われた。

そこで色々いうとケンカにしかならんけん、

とりあえず「絶対稼いでみせるけん、協力してください」とひとまずお願い。

 

  • 稼げるようになったらしたいこと
  • 私が時間に追われなければ、心の余裕が出て今よりイライラする時間が減ること
  • 私が稼げば夫の仕事も今より少し楽な仕事に変えれる

と、FXで稼げるようになったら出来る素敵なことばかりを、しつこくしつこくしつこくしつこく楽しそうに毎日話した。

マインドコントロール(笑)

 

FXに対する思い今やってることこれからどうしたいかどのくらいかかるのか(←わからん)を、

ツラツラツラツラ書いて、お手紙を渡しました。

私から夫への決意表明

手紙を読み終えた夫。

 

無言・・・・

 

何か言え。(笑)

 

今では、朝パソコンの前にさっと座る私を見ても文句を言わない。

 

はじめは「何のために?」と言っていた夫。

私が1年以上早起きして、クリスマスお正月誕生日にも、ダイニングテーブルにチャートを広げている光景を毎日見ると、それが自然な光景(慣れ)になったみたい。

 

本気は伝わる!

 

ほんと自由にさせてくれてる夫には感謝しかないw

私だったらこんな奥さんイヤだ。

子どもたち

子どもたちは、2回しか行ったことないディズニーランドが大好き。

※私のディズニー好き遺伝♡

 

テレビにディズニーランドが出ると、必ず「いきたーーい!」と言う。

 

私が子どもたちにしつこく言い聞かせたことは、「お母さんが稼いだら、毎年ディズニーランドに行けるよ」ってこと。

 

子どもには、この一言で十分

 

呪文のように、毎日毎日言い聞かせた

 

子どもには申し訳ないけど、この1年大したところには連れて行ってあげれんかった。

けど今では、チャートを見ると、「お母さんのお勉強のやつ」とか、「お母さんお勉強頑張ったらディズニーランド行けるっちゃんね」とか言ってくれる。

 

子どもは母の頑張る姿を見ています。

 

夫の両親

夫の両親に、FXのことは言っていません

 

日曜にどうしてもチャートを見たいとき、子どもを預かってほしい

日曜くらいしか、まとまった時間をとれるチャンスがない。

(↑子どもを遊びに連れてけよと言われたら耳栓)

 

夫の両親には「資格取得の勉強をしています」と伝えていた。

あながちウソではない

 

たまに「調子はどうね?」と聞かれるけど、「なかなか難しい試験で・・・」と濁すw

 

半年もたつと、休みの日に、

「勉強せやんやろ?子どもどっか連れて行こうか?」と言ってくれる、優しい義両親に感謝。

 

友人

私が全然遊びの誘いに乗らなくなったので、どうした?と思われることがしばしば。

そんな時は「仕事が少し忙しい」「資格取得のための勉強」ローテーションで使っていた。

 

勉強するから遊べないという理由に「はぁ?」ってなる友人はいない。

いたらそれまでの関係。

 

検証が終わって、リアルに進む前くらいから、ボチボチと仲の良い友人と会うようになった♡

それでも日曜の朝、私が子どもと散歩がてら家に行って10分話すくらいw

今までの頑張りのご褒美のような気がして、ちょっと達成感

 

来月、その子と女ふたりでディズニーシー行ってきますw

(子どもに抜け駆けで申し訳ないという感覚は一切ない)

最後に

周囲の協力を得れば、成功への道は加速する

1年以上やってきて、ほんとに私には時間が必要だと思った。

限られた時間の中で出来る限りのことをする。

効率よく、迷子にならずに勉強を進めたかったのでスクールにも入った。

私にはこの選択でよかったと思う。

 

結婚して、出産して思ったのは、「自分勝手に動ける時間が、想像よりはるかに少ない」ということ。

(まだまだ子どもに手がかかる&日中は会社に拘束される)

 

そこから如何に自分の時間を捻出するかを考えたら、周囲の協力しかありません(笑)

 

協力してくれる人には、日頃から感謝の意を示し、勝てるようになったら、たくさん恩返ししましょう♡