FX勉強中の子あり共働き主婦の私が、約1年間で印刷したチャートの枚数

レギオンさんのスクールに入って、まずしたこと。

 

それは過去チャートの印刷

 

チャートは画面上でも見れるけど、五感をフルに使い、

線を引いたりコメントを書いたりすることにより、身に付き方が全然違ってくると思う。

 

このページでは、私が今までに印刷してきたチャートの時間足・通貨・枚数・プリンタをご紹介します。

まずフォレックステスターで、1日1日のスクリーンショットをとった。

>>フォレックステスターについての詳しい記事はこちら

はじめは何も固まってなかったので、とりあえずスクールに入る前に見ていた15分足から印刷開始。

 

印刷したチャートを見ているうちに、だんだん細かい動きを見たくなって、

5分足・3分足に切り替えた。

 

2014年1月~2016年12月(3年分)

  • ドル円  15分足
  • ユーロ円 15分足
  • ポンド円 15分足
  • ドル円  5分足
  • ユーロ円 5分足
  • ポンド円 5分足
  • ドル円  3分足
  • ユーロ円 3分足
  • ポンド円 3分足

 

印刷は、両面にしてみたり、ケチって2分の1で印刷してみたけど小さくて見づらかったし・・・

 

色々試してみて、最終的に1日分1枚・片面印刷に落ち着きました。

 

ロハコで、500枚×10冊を2回注文。

 

自宅用にこんなに用紙を買うとは、思ってもなかったw

ざっと計算して、8000枚は印刷した。

 

これとは別に検証用にも3分・5分は再印刷

 

私には、画面上で線を引くより、このやり方が体に染みついてよかった。



1日にチャートを見る枚数

初めた頃は、1枚(1日分)のチャートを見て、

アレコレ考えたり、ラインを引いたりするのに5分はかかった。

 

慣れてくると、見送りチャート(ラインが引きづらかったり、形も見えない)の判別も早くなっていき、約半分くらいの時間に。

 

最後の方は、1日で1通貨1か月分を見てました。

(あんまりやりすぎると、だんだん疲れて判断が鈍るw)

 

集中して約1時間。

見終わったら再度見直して、形の振り分け。



チャート印刷に大活躍したプリンタ

レーザープリンタ

大量印刷にはレーザープリンタが便利!とにかく早い!

私はNECのMultiwriter(マルチライター)を使っています。

トナーも少し割高だけど、大量の印刷にインクジェットプリンタはもったいない気がした。

 

FXで稼ぐようになるための初期投資

印刷スピードも速いので、時間も節約

インクジェットプリンタ

私は普段、CanonのMG7730を使ってます。

これは日々のチャート印刷用。

無線LAN・カセットに用紙セットしたままでOK・独立インクは、インクジェット選びの最低条件。

最後に

過去チャートの印刷、それはそれは手間がかかった(笑)

でも、めんどくさかったけどやってよかった!w

 

最初のうちは、チャートをみても何にも分からんやったのが、

今は少しだけ「この後はこういうパターンになりそう?」と思えるようになってきた。

 

今はこのときほど大量の枚数は見てないけど、損切り続きで苦しいときなどは、この時のチャートの山をみて、いつか必ず来る波を待とうと思える。








おむつがいつでも15%OFF!配送料無料で日時指定も可能 『 Amazonファミリー 』

私が使っているチャートはコレ! 『 GMOクリック証券 』