▼▼ 楽天愛用品をまとめています ▼▼

日常・子育て・雑記

【経験談】フルタイム勤務のワーママを辞めたあとの生活【1年経過】

こんにちは、リナです。

夏休みももうすぐ前半戦が終了!

最近は、わけあって学童もほとんど午前中でお迎えに行くため、もう学童辞めてお留守番にシフトしてもいいんじゃないかと思う今日この頃です。

 

セミが外でミンミンミンミンないてて、いよいよ本格的な夏到来。

 

フルタイム勤務のワーママを辞めると決めた去年

去年の今頃は、会社に退職届を提出し、引継ぎの準備に追われていました。

働くことが大好きだった私が会社を辞めるなんて、自分でも想像していなかったし、一生フルタイムで働く前提で住宅ローン組んでたし。

 

フルタイムで働いてた頃は、

毎朝、気合い入れて気を張って仕事して、

クタクタになって子どもをお迎え行って、

冬は暗くなってから家について、ご飯作って食べて急いでお風呂。

 

子どもがちょっとしたことでグズったりするとイライラして・・・

 

布団に入るまで、息つく暇なし。

 

今思うと、

よくやってたな!!私!!!

 

素直に、過去の自分すごい!と思います。

その生活しか知らなかったから、その時はそれが普通でした。

 

今戻れと言われたら・・・だんまり

 

フルタイム勤務を辞めるにあたっての懸念事項

辞めるにあたって一番考えたのは、純粋にこの2つです。

  1. これまでのキャリアとポジションを手放すこと
  2. 収入源への不安

 

①は執着に近いものなので、案外ぱっと手放せた。

②は誰しも思うはず。

 

フルタイム勤務に比べたら、収入は約3分の1に。

一生働く前提で組んだ住宅ローンと、子どもの成長とともにかかってくる教育費

入念に試算し、パートでもギリギリやっていける数字が出たので、退職届を出しました。

固定費も削れる分だけ削り、無駄な支出が少ない家計になったと思います。

 

長年勤めた職場を辞めるという一大イベントは、

改めて家計と向き合ういいきっかけになりました。

 

退職後は、もちろん当たり前に、正社員の恩恵をひしひしと感じました。

毎月安定して入ってくる給与に賞与。

今までもちゃんと貯金はしてたつもりだったけど、甘かったのも痛感。

今だったらもっと貯めれるのに・・・!w

 

フルタイム勤務を辞めて「1年」たって思うこと

フルタイム勤務を辞めたことに対しては、1ミリも後悔していません

ちなみに私は、バリバリ働き、社内でもブイブイ言わせたいタイプですw

 

そんな私が、フルタイム勤務を辞めて一番良かったのは、

時間と心に余裕ができた!!

ことです。

 

金銭面からいえば、前みたいに贅沢はできなくなったけども!(笑)

 

それでも私に必要だったのは、

お金じゃなくて時間でした。

(もっと稼いでから言えw)

 

フルタイムを辞めると、所得は減るけど時間は増える

フルタイムを続けると、所得は安定するけど時間は減る

 

辞めてみないと、どうなるかわからない不安は最後まであったけど、

この1年を振り返ってみると「いい決断だった」と思います。

 

お金にも時間にもシビアな私が、この2つを天秤にかけた結果。

時間>お金

だったようです。

 

辞めたからこそ、できている(できた)こと

  • やたらと出ごとの多い小学校での委員活動
  • 平日の習い事の送迎(夏休み中は集中してほぼ毎日)
  • ゆっくり読書
  • 義実家の食事作り(終了)
  • 週末プチ旅行(もうすぐ)
  • 平日にハワイ旅行♡(もうすぐ)
  • 平日に会いたい人に会う(いつでも)
  • 平日に買い物(夕方から子連れで行く体力もある)

 

旅行は、夫の協力が必要不可欠なので、夫にも感謝。

 

朝も、ラジオ体操に行く時間と心の余裕があるのがめちゃめちゃうれしい。

夕方も、ご飯を作る前に少し座る時間があるのも幸せです。

 

フルタイム辞めてから、5~7キロくらい太ってしまい(戻りましたw)

あの頃は、ストレスも半端なく、身体にかかる負担も相当だったんだろうなと思いました(笑)

 

そして一番は、時間の余裕ができたことで、感じやすくなった幸福感。

1日1回「幸せ♡」と思えること。

子どもたちへの接し方も、前に比べたらずいぶんと優しくなったんじゃないかと思いますw

 

フルタイムを辞めたいけど迷っている方へ

私が迷っていた時、友達に「辞めてもなんとかなるよ」と言われ、半信半疑でしたが・・・

実際なんとかなっています。

 

「考える時間」ができたことで、工夫してなんとかやりくりしながら生活しています。

「考える時間」があるから、FX以外で収入につながりそうなことを考える時間もあります。

 

あえて私の言葉でいうなら、

リナ
リナ
どげんかなる!

思うように突き進んで

時間に余裕ができたので、前からやってみたかったLINEのスタンプを作りました!

福岡弁で、さまざまな意味で使う「よか」(笑)

ダウンロードしてくれても

自宅に居ながらもお金が生み出せる「FX」

私は、3年前から本格的に「FX」を勉強し始めました。

そして、ようやく負けにくくなってきたかな?と思えるようになったことも、フルタイム勤務を辞める大きな材料になりました。

ちなみに私は正直、FXを人におススメしていません。

そんな私にFXを教えてくれたのは、レギオンさん

 

レギオンさんのブログは、めちゃめちゃ内容が濃くて勉強になるのでオススメです。