▼▼ 楽天愛用品をまとめています ▼▼

日常・子育て・雑記

【保存版】2019最新!子連れでのディズニーランドの回り方

こんにちは、リナ(@fx_rina2018)です。

先日、家族でディズニーランドへ行ってきました。

子連れでの東京ディズニーランドの回り方

子どもが無理なく楽しめることを一番に考えて行動しました。

行き当たりばったりでしたが、今回初めて家族で夜までパーク内で過ごすことができました。

 

【子連れディズニー】一日の流れ

ハッピー15エントリーで7:40頃にはパーク内に入れました。

ファストパスの発券やアトラクションが動き出すのは8時からなので、目的地で待機です。

  1. バズ・ライトイヤーのアストロブラスターのファストパスを発券
  2. モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”
  3. ポッピングポッドでコーンポタージュ味のポップコーン休憩
  4. スティッチ・エンカウンター(10分待ち)
  5. バズ・ライトイヤーのアストロブラスターでファストパスを使用
  6. グーフィーのペイント&プレイハウス(10分待ち)
  7. プーさんのハニーハントのファストパスを発券
  8. キャッスルカルーセル(10分待ち)
  9. 昼食(11:00頃) クイーン・オブ・ハートのバンケットホール(30分待ち)
  10. ミッキーのフィルハーマジック(15分待ち)
  11. 空飛ぶダンボ(30分待ち)
  12. ピノキオの冒険旅行(30分待ち)
  13. ホーンテッドマンション(40分待ち)
  14. チャックワゴンでターキーレッグ休憩
  15. プーさんのハニーハントのファストパスを使用
  16. ピーターパン空の旅(30分待ち)
  17. ウエスタンリバー鉄道(45分待ち)
  18. リフレッシュメントコーナーでホットドック休憩
  19. 東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ(1時間前から場所確保&休憩)・・・私だけで翌日の朝食を買いにスウィートハート・カフェへ。(30分待ち)

休憩らしい休憩は、黄色のマーカー部分です。

iphoneの万歩計では1万2千歩(約10キロ)歩いていました。

子どもが特に喜んだアトラクション

 

基本的に、どのアトラクションも喜んでいました。

その中でも、一番子どもたちの印象に残っているアトラクションが、この5つです。

 

4歳(男児)が嫌がったアトラクション

 

最初に通される部屋?の映像で下の子が泣いてしまいました(笑)

男の人がだんだんとガイコツになっていくのが怖かったそうです。

あんまり泣くなら、出ないとまずいかな~と思ったのですが、フードをかぶり、私の胸に顔をうずめて抱っこしたまま乗れたのでよかったです。

気温と服装

この日の天気は晴れ!(前日は強い雨)

最高気温12.7°・最低気温3.8°で、やっぱり朝晩はとても冷えました。

ダウンは荷物になるからどうかな~と思ったけど、着せて行って正解!!

入園前の待ち時間に、長女はお絵かきしていました。

 

子連れディズニーランドに持っていってよかったもの

ダウンブランケット

パレードの待ち時間のひざ掛け・夜のパーク移動で子どもに羽織らせることが出来ました。

あるのとないのじゃ全然違う!

折りたたんで小さくなるので、子どものリュックに入れていました。

私用には、ユニクロのウルトラライトダウン(袖がないやつ)を持参。

貼るカイロ

これも持参して正解!

暑ければ捨てればいいという優れもの!カイロで直接背中を温めることができ、冷たい風が吹いても耐えることができました。

マスク

人数分だけジップロックに入れて持っていきました。

夜は、顔の半分を覆い、自分の息で顔も温かかったです(笑)

子どもペースだと、翌日に疲れが残らない

家族でディズニーリゾートへ行ったのは3回目ですが、今回が一番疲れませんでした!!!

効率よく回れたかと言われれば全然だと思うけど、一日中疲れしらずで楽しかったです♡

(それだけ子どもが成長したってことかな)

1日を通して、子どもがグズることもありませんでした。

下の子はトイレに行きたいとき、自分からキャストの方に「トイレどこあるとー?」と聞いていたw(福岡感満載)